FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H22年度工事担任者試験 総合種基礎1問目

試験以来、ずっと悩んでいましたがようやく導けました。
網目電流法というのを使うらしい。

左下の閉回路① に流れる電流を I_1 とする。
右下の閉回路② に流れる電流を I_2 とする。
上の閉回路 ③に流れる電流を I とする。

① I_1 + I_1 + I = 26 (R4:1Ω , R1:1Ω)
② 2*I_2 + I_2 - 2*I = 26 (R5:2Ω , R2:1Ω)
③ I + I_1 + I + 2*I - 2*I_2 = 0 (R3:1Ω)

この連立方程式を解けばよい。
①よりI_1=
②よりI_2=

上記を③に代入してやればIが求まります。

キルヒホッフとはちょっと考え方が違う。
キルヒホッフは線電流を使う。
網目電流とは,その名のとおり網電流のことである。
ややこしい・・・w

それにしても難しすぎるだろう。ひらめいたとしても10分以上はかかるぞ。

問題はここ
スポンサーサイト

H22年度工事担任者試験結果通知

H22年度第1回の工事担任者試験の結果通知が届きました。
試験日:H22年5月23日(日)
場所:明治大学
資格:AI・DD総合種

結果は「不合格」でした。


3科目(基礎、技術、法規)のうち、基礎と法規は科目合格してましたので
次回は技術のみに専念できます。
いちおう、目標どおりの結果に満足?してます。
第2回目は11月に行われます。
しっかり準備して挑みたいと思います。

痔も治ったことだし・・・w

退院後の最初の検診

2010年6月16日(水) 退院後の最初の検診にいってきました。

通勤時間帯は雨が降っていましたが、9時過ぎくらいからは雨はあがり
すっかりいい天気になっています。
きょう、外来で最初の診察に行ってまいりました。

経過は順調。診察も5分程度で終了。先生も順調ですとのこと。
入院時に見せてもらったカルテの写真(手術のときの写真)を
いただきました。(まさか本当にいただけるとは・・・・)
一生の記念です(笑)

ここにアップしたいところですが、それは無理な話(グロすぎるので)
えっ?見たいですか?すごいですよ。
じゃ、モザイクかけてアップしましょうか。www

退院日

2010年6月12日(土) (祝)退院の日

退院しました。
朝8時朝食のあと,退院のための診察。(院長先生が診てくれます)
初めて会いました。

そのあと速攻で風呂入って,お風呂場のおばちゃんたちにも最後のお礼を
言ってでてきました。
10時過くらいに会計が完了,あさからお金を持ってきてくれた嫁ごと共に
家路につきました。

約1時間ちょっとの道のり(電車)ですが,かなり疲れました。
シャバがこんなにつかれるところだとは・・・・

家についたころには無理がたたってお尻が痛む・・・
ホッとしたんだけど。お尻が痛い。トホホホホホ

それにしても韓国強かったですね。さすがパク・チソン!!w

退院祝い飯???w

入院最終日(16日目)~その2~
2010年6月11日(金)




退院前夜の祝膳です。wwww
なぜにどら焼き??

入院最終日(16日目)~その1~

入院最終日(16日目)~その1~
2010年6月11日(金)

明日退院予定の方たちの退院前の説明会が
終わりました。

要点は
(1)退院後2~3週間は安静にすること
   ・アルコールは3週間は絶対禁止
   ・自転車,自動車の運転も2~3週間は禁止
(2)術後,2~3週間は大量出血の可能性があるので
   遠出,無理な運動,仕事等は極力控えること。
   すぐに病院に駆け付けられる範囲に生活していること

等です。

なので,快気祝いは当分あとにしましょうね。
会社でもし大量出血して,血だらけになっててもビックリしないで
救急車呼んでね♪w

よろしくおねがいします。w



入院15日目

入院15日目
2010年6月10日

どうやら土曜日(6月12日)に退院できそうです。
となりのおじちゃんとも仲良くなったばかりで,少し
名残惜しい気も・・・・・?

毎日のように新しい人が入院してきて,毎日手術が
おこなわれています。
この病気は本当に早めに治療しましょう。



6月9日(水)

6月9日(水)
入院14日目(術後11日目)

毎日6時起床ですが,とくに部屋の電気がつくだけ。
朝食が8時なのでそれまでまた寝るか,うん○するか,
歯磨きするか。
ほとんどまた寝るな。

先生方の検診が大体9時半~10時半の間に廻ってきます。
(財前教授の総回診です。。。みたいなもん)
ただし,ここは肛門科のってのがつきますが(笑)

そのあとお風呂に入れます。
(手術後2日目からは毎日は入れます。)

そして昼食。
そこから夕食までが長い。
具合が悪い時には寝てるしかなく,それが精いっぱいだったん
ですが,ちょっと調子がよくなってくる暇をもてあそんでしまう。
困ったもんです。


そうそう今日の回診で退院は大体日曜日を目途に!
と言われました。
Wカップの開幕までにではなんとか退院しようと思っていましたが,
11日の開幕げーむは病院で見ることになりそうです。
消灯後ですが,しったこっちゃね。wwww

ps 日本戦なんかどうでもいいのよ。どうせ3連敗だから。
   今年ほど応援する気になれないのは珍しい

入院12日目

2010年6月7日(月)

きょうで貧血の点滴がおわりました。
血液検査の結果次第では「退院」という言葉を期待して
いたのですが,先生からは今一歩。

結局,今週いっぱい様子をみることになりました。(長い)
金曜日にもう一度血液検査するそうです。

しかし,うん○が出るは出るは出るは・・・・
びっくりするくらい出てます。
軟便剤(ウン○を柔らかくする薬)という薬を常用しているとはいえ
きょうだけでも午前中3回,午後5回でっせ!!それもかなりの量。

痛かったりすると看護師さんに便の状態を見せなくてはなりません。
そして備付の金物の箸でツンツンするのです。
「うん,大丈夫だね,とか,ちょっと太いねとか,硬いかね?」
とかとか・・・・
ちょっとマニアがきくと失神するかもね(爆

まあ,とにかくあと1週間がんばりますわ!!







入院7日目~10日目

入院7日目~10日目
2010年6月2日~5日

6月2日(水)術後4日目
ここまでくると,薬と経過待ちになってきます。
だた,おいらの場合,貧血症であったため,専用の食事と
専用のお薬が処方されていました。
今日の採血の結果,あまり改善がなされていなかったようなので
きょうから薬をやめて点滴に変更になりました。

どす黒い点滴,はじめてみました。
看護師さんに血じゃないですよね??となんども確認しましたが
鉄分みたいです。

これをきょうから7日(月)まで続けるそうです。。。
って,じゃ月曜日までここにいること確定じゃん!


6月3日(木)
うちのベッドの前と隣は朝の検診のとき担当の先生と退院日について
きめておりました。
(おいらと2日しか変わらんのだけど))
どうやら二人とも金曜に無事に退院らしいです。
そんなにあせって出ることもないのに。。。。
まだお尻,痛いでしょう???wwwww


6月4日(金)
最近排便の回数が5~6回は軽くあります。
まだ痛いので,専用の桶にお湯貯めてその中でうん○します。
気持ちいいぞぉぉぉっぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっぉ!!!


6月5日(土)
きょうは嫁ごが着替えをもってきてくれました。
1時間以上かかkるので大変です。
車運転しないし。

おいらは毎週開催されている,肛門の勉強会に出席してました。
グロイスライドをたくさん見せられ,おいらのもいつか教材になって
しまうことを覚悟しました。

嫁は夕食(18時)過ぎぐらいまでいて,ちゃっかり酢豚を食って
帰りました。wwwwww満足げでしたよ。


おけつはまだ痛みます。病院にいたほうが楽ですよ。

入院6日目

入院6日目
2010年6月1日(火)

きょうからお風呂に入れます。
3Fにあるお風呂場には10以上の浴室がありジャグジー完備です。
ですが,一人当たりに許される時間は約10分程度です。
髪の毛は浴室では洗えません。
よって,体をあらって,浴室の中にジャボン!!!
ジャグジーをMAXにしてお尻のカスを吹き飛ばしますwwww
そしてすぐに時間がきます。

お風呂から出たら,そとに洗髪場にみたいなところがあり,そこで
髪の毛を洗います。
そのあと,洗面所でドライヤ等で髪を乾かして完了です。


手術まではお風呂もシャワーも無理ですが,手術後2日目以降はシャワー
お風呂は毎日入れるわけです。(日曜日を除く)

そうそう,今日から6月ですね。
Wカップももうすぐはじまりますね。
なんとかそれまでには退院できそうな感じはしてますが・・・・・

しかし術後きょうで3日目ですが,またトイレの後とかかなり痛みます。
これ系の痛みには慣れていたつもりですが,また違いますね。

夜も21時就寝なのですが,寝れないですな。




入院5日目

入院5日目
2010年5月31日(火)

今日は執刀医の先生から直接診察がある日です。
2Fの外来の診察前で待ちます。

ほどなく呼ばれて中に入ると,見覚えのある先生の顔が。。
手術以来のご対面でした。
すぐ診察台に横になり,お尻を出して診察開始。
今日は痛み止めの座薬を中に入れます。
先生「はい,入れますよ~~」
おだ「あああんふりgkdんふぁんchghbんkldfslhgsjdんvkん」
痛かったっす!!

そのあと背中にあった麻酔用の管を抜きました。
これで少しスッキリしました。

先生から「よく,こんなお尻でがんばってきたもんだ・・・・・・」
と少々びっくりしたような感じでおっしゃいました。
そしておもむろにカルテをひらくとそこには
Before/Afterの写真が・・・
そうです。手術のときの工程写真w(職業病か)です。
すごかったです。
先生も,これが切るまえね・・・・これこれ!
そしてこれが術後,ほらね,きれいになってる・・・

といわれても,あまりにグロテスクん写真んで,はぁ・・・はぁ・・・・というしかなかったですよ。

でも,落ち着いてから思いました。
あの写真もらえないかな???と。。。。
看護師さんに頼んでみよっと!



この日の夕食から通常にメニューになります。
ここの病院食は美味しいと評判です。

そうそう,管が外れる術後2日目からシャワーが浴びれます。
次の日からはお風呂にはいれます。



入院4日目

入院4日目
2010年5月30日(日)

下半身の麻酔はいくぶん解消され,足は動くようになってるっぽい。
,背中には麻酔用のチューブが入っており
動けない状態のままはや12時間
現在5月30日の午前0時

ベッド横には尿瓶(しびん)がおいてある。
あるけないのでもよおしたらこれにしなさいということ。
何度がトライするが,どうも勝手が違う。入口の大きさは申し分ないがwwwww
出ないな。

夕食に出されたゼリーを口にする。
これがはらわたにしみわたりおいしかったこと( ゚Д゚)ウマー
ゆっくりとと言い聞かせながら飲み干しました。

1時くらいから急に痛みがはげしくなってきたので,ナースコールで
痛み止めの薬を処方してもらいました。
そのあとはいく分楽になり朝まで安眠。

AM6:00起床
麻酔は完全に切れていてすぐにでも立ち上がれそうな感じ。
でも,ひとりでは立ち上がってはダメといわれているので
看護師さんに付き添ってもらいながらようやく2本足で立つことが
できました。
トイレへ行き,おしっこが出ません。尿意はあるのですがでません。
とりあえずあきらめ。

ベッドへ帰ってもなんか変
お腹が「グルグルと音を立てている。
まさかとおもい,トイレに座りこむと大して力んでないのに肛門から
たらたらたらと液体が流れ出した。まさか手術1日目でもよおすとは・・・
傷口は・・・なんて心配する間もなかったです。
ナースコールで看護士さんよんで,もうでちゃったんですけどよかったですか?

看護師さん「はい,大丈夫ですよ。ちょっと見せてくださいね,
あぁ~水状ですねぇ~~,いいですよ」

「ウォッシュレットは使わないで,お尻も拭かないこと」
じゃ,どうすんの?ですが
座浴というものをおこないます。
便器にセットする特殊な容器で,これにお湯をためてお尻をつっこんで
洗います。(座ってるだけですが)

おわったら濡れたところだけを拭いて肛門は拭かない)パンツにガーゼを
セットしておわりです。


なんと初日で通算8回のお通じがありました。これにはビックリ


入院3日目(手術)

入院3日目(手術)

2010年5月29日(土)

きのう,大腸内視鏡検査から松島病院へ帰ってきた時刻はもう16時すぎ。
予定では,昼前には終わって戻ってきて病院で昼食をたべている予定でした。
昨夜からなにも食べずにもうこんな時間。
病院に戻ったら,担当の看護師さんからきょうの下剤と明日朝の浣腸はしなくて
よいことになりました。
あまりのおいらの不甲斐無さに病院側も白旗だったのかもw
でも,たしかに腸の中はすでに空っぽなのでたしかになにもする必要性はないわなwwww

手術の順番は7番目,だいたい朝の11時くらいだと言われました。
当日の朝は10時くらいから病室で点滴がはじまり,手術室からお呼びがかかると
自力で歩いて2Fの手術室までいきます。
そしてまたそこのベッドで点滴打ちながら待機となります。

30分~40分待たされたあとようやく順番がきて歩いて手術台へ,
そして麻酔科の先生とあいさつした後,手術台へ上がります。
右を下にして寝た状態で,体育座りのような格好になります。
その状態でせなかからゆっくり麻酔が注入されていきます。

右足からじわぁ~~~っとあったかくなってきます。
これで準備完了です。

その状態で今度はうつ伏せにさせられます。
看護師さんがお尻を引っ張り,ひらいて固定?します。
お尻のお毛はこのときそられます。

左手に洗濯はさみのようなものをつけられ,(ピコーン,ピコーンてやつ)
右腕には血圧計がセットされます。
いよいよ手術開始。

意識ははっきりとしています。
お尻もなんとなく感覚があります。
先生がはげしくなんかやられているときには下腹にドスンドスンとお腹が痛い時みたいに
響いてきます。いかん,ここでもよおしたら負けや!なんてこと思ったりしてw


終始無言の先生。顔のところでやさしく励ましてくれる美人っぽい看護師さん。
あぁ~マスクをはずしてお顔を見せて!
なんて余裕をかましてました。(内心でね)

感覚的に結構かかるなぁ~と思って手術を受けていました。
たしかに症状もひどかったから結構手こずってるのかなとか想像しつつ。。。。
40分くらい経過したかなぁ~,ようやく終了しました。

最後に先生,切ったものを見せてくれました。
おおおおおおおぉおおおおおおぉぉぉっぉぉぉぉ,
すげぇーーーーーーーー
でけぇーーーーーーーーっ!!

これだこれ!にっくきおいらのけつの悪者は!!!

先生,ほんにありがとうございました。
こうして20年間の悪友がおいらから離れていったのでした。

入院2日目~その2

2010年5月28日(金) つづき

松島クリニックへ移動して受付を済ませ,診察用の診察着に着替えます。
パンツははかないこと。
ズボンを直にはきます。
よく見ると,志村けんがきているようなおしりのところが破れている(開いている)
います。
上着は長いから,一応隠れますけどね。w

待合室でまっていると,名前が呼ばれます。
きれいなお姉さんが症状と検査方法について説明をしてくれるようです。
ここで衝撃的な事実を告げられました。
なんと,無条件でもう1回浣腸をしなければならないということ。
さらに,そのまえに普通にしてくれと言われました。(病院での薬がのこっているか確認するため)

これでもう戦意喪失・・・・wwww ってことはあと最低でも2回はしなきゃダメじゃん!!!!!!!!
(;´ρ`) グッタリ
でもやらなきゃならないんでやりましたよ。。。(´ヘ`;)汗

じゃ,ここでって。。。。トイレが20室近くあるよん(´ヘ`;)
まず1回目(通算4回目)終了~看護師のおばちゃん。
「う~ん,微妙っぽい顔・・・トイレの中より回数が気になっている様子」

おわっておいらの顔を見て「どうする?もいっかいやる?」
おいら「・・・・・・」
「もういやです・・・・」w
看護士さん「しょうがないわね,じゃ浣腸やるか,浣腸で薬も一緒に出ちゃうかもしんないし)
おら「はい,そうしてもらえればうれしいです(でも浣腸はやるんかい!!」

てなこんなで,○○○さぁ~~ん,浣腸しますよぉ~~~
おいら「はぁ~~ぃ」
浣腸注入「ムハーきもちいいぃいいいいいぃぃっ」
トイレで3分ほど我慢後,一気に放出開始!!!!


終了後,看護師さんのおばちゃんおいらの便器を見て
「うん,合格!!!!」
みるときれいな黄金色(これにカスがまざっているとダメだんだなぁ)
ようやく腸の清浄作業が終了しました。

数分後,名前が呼ばれます。
診察台によこになって待たされること15分くらい。
順番がきたので処置室に緯度さました。
ここでは安定剤の注射をうってくれます。これでうとうと気分になり,検査中のことは
(カメラが入っていったことなんか)ほとんど覚えていませんでした。

20分後くらいに結果のお話があります。
きれいな腸の中のカラー写真を見せてもらいました,
ほんとに宿便といわれるようなものも一切なくきれいなもんでした。
唯一,出口付近のおっきな異物を除けば。。。

おいら「先生,これきれいにとれますかね?」
先生「明日手術だっけ?大丈夫!!きれいになるよ!!!」
この一言で,きょうの一日の苦労が報われた気がししました。

さぁ,明日は手術だそして病院にもどったらまた下剤だ・・・・






入院2日目

2010年5月28日(金)
昨晩からトイレに行くこと3回・・・・滝のようでしたwww
おいらは痔の病気で入院しました。痔は便するとき非常に痛いのです。
それが3回連続で襲ってくるのです。3回目は冷や汗が滝のように流れおち,失神寸前でした。
(ただでさえ出血が多くて貧血気味だと言われているのに。。。)

下剤の効果がようやくおさまったそのころ,巨大な容器に入った液体が突如目の前に(◎皿◎)
2ℓの容器に書かれていたもの。。。それは
「大腸をきれいにするもの」www ← (もっと専門的な言葉でしたよ)
こ,こ,これ飲むんですか・・・?
はい。
あ,あ,あ,あ,はいわかりました。

これ飲んで通常の人は10回以上でこの量を全部出すらしい。。。(いや,10回もいったら死ぬ)
で,結果は3回。
3回目からは看護師に結果を見せてOKが出ればようやく検査に行けるのです。
だが,腹の中にはまだ液体の気配が・・・・
そうです。
まだ,これで済むはずがなかったのです。

この時点で既に11時。予定では9時から検査に入る予定なのに。
おいらと同じくして入院した方たちは先に行ったようです。

検査する場所はここから車で2分くらい行ったところにある松島クリニックという病院です。
13時に現地へ到着し,待合室で待つことに。
たくさん人がいます。
これだけ受けに来る人もたくさんいるんですね。

すると,なにやら声が・・・・
「はい,説明ししますよー,これはあったかいお水です。
これが,これから腸の中に入りますからねぇ~~~
入ったらまずトイレを確保して2分くらい我慢するのよぉーーー」
とおばちゃんの声が。
かわいそうに,浣腸させられてるなと思ってました。(自分は終わってるもんだと確信して余裕をこいてましたが

入院初日

2010年5月27日(木)
AM9時半位に嫁と家を出る。(病院には12時集合の予定)
A市の図書館で入院中の勉強書籍を2冊ほど借りて,小田急線へと乗り込む。
松島病院へは電車で1時間ちょっと。

途中,横浜の大戸屋で早めの昼食をとり,病院へ(ぴったり12時着)
1Fロビーにはすでにたくさんの入院待ちの列ができていました。
受付を済ませ,4Fの病室へ。

401号室(4人部屋)に通され,軽い紹介と部屋の使い方の説明を受ける。
その後,看護師さんにこれまでの経緯と病状等を詳しく聞かれたので20年間の人生を
看護士さんに語ってやったwww

手術は明後日29日(土)の予定。
明日は大腸の内視鏡検査を受ける予定である。
大腸の内視鏡検査とは,大腸の中をきれいにからっぽにして肛門から内視鏡を突っ込み
腸のなかをカメラで検査することである。
よって,軽い夕食のあと,紙コップ1杯のジュースみたいなものをわたされた。
はい,お薬です!!っと!
そうです。下剤です。
これがすごかった・・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

吾輩は地(痔)主であるw

2010年5月14日(金)
意を決して横浜の有名病院「松島病院」の診察へ向かう。

この病気とは長いつきあいである。
24のころ,縁を切ろうと一度切ったのだがそれ以降も一向によくならず,おいらの人生
「痔」とともに!!
といっても過言ではない。

20年間ずっと付き添ってきて,ここ数年間はもうすぐもう一度切る時が近い将来やってくるぞ
と覚悟はしていました。
というのも,年々その驚異が度を増してきたためである。

そしてとうとうその時がやってきました。
さて診察でなんと言われるのか。。。。
おそらく帰る時には入院日が決まってるであろう・・・・
フリーエリア

無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

05 | 2010/06 | 07
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
タグふれんずリング 前へ 次へ タグふれんず ランダム リスト 温泉友の会温泉友の会TAG FRIENDS前へランダムリスト次へ kurumidaさん あ!うん NEOといっしょ 猫のお凸(でこ) 登録はこちらから! バック! ランダム! ネクスト!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ほほほっち

Author:ほほほっち
ほほほっちブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

W杯カウントダウン
サッカー2006W杯カウントダウン
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。